第3回受賞者発表

~11月14日は「世界糖尿病デー」~
インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者さんを表彰

インスリン療法を開始されて50年以上になる糖尿病患者さんを表彰する「リリー インスリン50年賞」は米国リリー社が1974年に設立したもので、これまでに米国を中心に約1,500名の患者さんが受賞されています。世界初のインスリン製剤が発売されて80周年を記念して、2003年より日本での募集・表彰を開始いたしました。

インスリン療法を開始されて50年以上になる糖尿病患者さんは、インスリン治療の技術発展をご自身の経験として感じ、治療面・心理面において様々な工夫をされ、50年という長い年月を糖尿病とともに歩んでこられた方々です。「リリー インスリン50年賞」は、このような患者さんの長年のご努力を称えるとともに、他の糖尿病患者さんにとっても治療に前向きに取り組んで頂けるような目標となり、勇気を与えることを願って設けております。

第3回となる今年度は、2名の患者さんの「リリー インスリン50年賞」の受賞が決定し、11月14日、東京都内で第3回「リリー インスリン50年賞」の表彰式を行い、ご本人のお名前を刻印した特製メダル(純銀製)が贈呈されました。

第3回「リリーインスリン50年賞」受賞者プロフィール

柿澤様(発症当時)

柿澤様(現在)

柿澤 静子(かきざわ しずこ)様
1932年生まれ 東京都在住

1956年(当時21歳)、糖尿病を発症しインスリン治療を開始。糖尿病は死に至る病気と聞きショックを受けたが、家族の支えもあり、日々の生活の中で主治医の指示を忠実に守り良好な血糖コントロールを維持。結婚後は2児をもうけ、専業主婦として家事・育児にいそしむ。約20年前から趣味と運動を兼ねてカラオケを始め、歌の練習はほぼ毎日欠かすことなく、大きなステージでの発表にも挑戦している。

受賞コメント

子供のために生きていたいという一心で、くよくよする暇もなく、血糖コントロールに努めてきました。今となっては、生活の一部として自然にやっています。


石山様(発症当時)

石山様(発症当時)

石山 凡夫(いしやま ひろお)様
1933年生まれ 静岡県在住

1952年(当時19歳)、大学在学中に1型糖尿病を発症し、インスリン治療を開始。輸入インスリン製剤の英文の添付文書の翻訳、自ら調合した尿糖試験用試薬での自己尿糖測定、自分用の主食分量一覧表の作成など、積極的に様々な工夫をして、糖尿病についての理解を深め血糖コントロールを行ってきた。小学校教師として長年勤務し、地元の民話伝説を子どもたちと集める「民話クラブ」を運営するなど教育に情熱を注いだ。現在は、地元のシニア・アンサンブルに参加し、奥様からのプレゼントであるテナーサックスの練習に余念がない。

受賞コメント

糖尿病のある生活を自分への挑戦ととらえて、積極的に工夫することを逆に楽しんできました。病院の糖尿病教室で得た学びが原動力となり、“食べてはだめ”より、“何がどれだけ食べられるか”と発想を前向きに転換しています。信頼できる主治医・看護師さん・栄養士さんに出会えたことに心から感謝しています。