第5回受賞者発表

~11月14日は「世界糖尿病デー」~
インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者さんを表彰

インスリン療法を開始されて50年以上になる糖尿病患者さんを表彰する「リリー インスリン50年賞」は米国リリー社が1974年に設立したもので、これまでに米国を中心に約1,500名の患者さんが受賞されています。世界初のインスリン製剤が発売されて80周年を記念して、2003年より日本での募集・表彰を開始いたしました。

インスリン療法を開始されて50年以上になる糖尿病患者さんは、インスリン治療の技術発展をご自身の経験として感じ、治療面・心理面において様々な工夫をされ、50年という長い年月を糖尿病とともに歩んでこられた方々です。「リリー インスリン50年賞」は、このような患者さんの長年のご努力を称えるとともに、他の糖尿病患者さんにとっても治療に前向きに取り組んで頂けるような目標となり、勇気を与えることを願って設けております。表彰式は、患者さんの長年のご努力を称え、他の糖尿病患者さんに勇気と希望、そして目標を与えることを願い毎年開催しております。

第5回となる今年度は、2名の患者さんの「リリー インスリン50年賞」の受賞が決定し、11月27日(火)、第5回「リリー インスリン50年賞」の表彰式を行い、受賞者2名の方のこれまでの人生を振り返り、50年以上に渡る糖尿病との付き合い方や現在行っている活動を紹介後、受賞者の方ご本人のお名前を刻印した特製メダル(純銀製)を贈呈致しました。

また、19歳で1型糖尿病発症以来、インスリン治療を行いながら、現在は1児の母として世界的な糖尿病の疾患啓発活動に取り組んでいらっしゃる元ミス・アメリカの二コール・ジョンソンさんにも参加頂き、受賞者の方へのお祝いの言葉とご自身の糖尿病にまつわるエピソードをお話頂きました。

第5回「リリーインスリン50年賞」受賞者プロフィール

工藤様(発症当時)

工藤様(現在)

工藤 茂雄(くどうしげお)様
1951年生まれ 青森県在住

5歳で1型糖尿病を発症、インスリン注射を開始(1957年)。最善の治療を受けるため上京して、東京の小学校に通学しながら東京大学付属病院で治療を続ける生活を1年間おくる。その後は地元青森に戻り、インスリン注射をしながらも、友人たちとスポーツを楽しみ、アマチュア無線にも挑戦。大学院卒業後、家業である食品会社を継ぎ、事業拡大。その功績により、中国吉林省敦化市栄誉市民、アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン2005東北など受賞。

受賞コメント

「インスリン注射をするという以外は、普通の人と変わらない生活をおくることができる、何とかなる、という気持ちでがんばってきました。年を重ねるにつれて、健康な人でも様々な病気が出やすくなると思います。自分と同世代で病気に悩んでいる人たちと比べると、糖尿病を持っているけども、長年健康に気を配ってきた自分が一番元気ではないかと気づくこともあります。昔とは違い、今はインスリン注射も持ち運びが簡単で使いやすくなりましたから、生活面での制約もずっと少なくなりました。ぜひいろいろなことに挑戦してください。」


中村様(発症当時)

中村様(現在)

中村 圀子(なかむらくにこ)様
1940年生まれ 新潟県在住

1957年(当時15歳)、集団就職先の製糸工場勤務中に1型糖尿病を発症し、インスリン治療を開始。その後、地元に戻り2年間入院し療養する。糖尿病についての情報が少ない中、医学書や糖尿病の専門書をぼろぼろになるまで読んで勉強した。結婚後子供に恵まれなかったが、養女を迎え愛情深く育ててこられた。家事、育児をしながら、55歳まで営業の仕事をされる。糖尿病患者会にも積極的に参加している。

受賞コメント

「糖尿病は患者が知識を持ってがんばる病気だと先生から言われ、一生懸命勉強しました。でも、自分は30歳まで生きられないだろう、結婚もしないだろうと思っていました。しかし、理解のある夫と出会い、二人で迎えた娘は私にとっての宝物となりました。この子のために少しでも長く生きようという思いで、今日までがんばってきました。食事の管理をきちんとすることはとても大切ですが、好きなものを我慢するのがつらいこともあります。自分が生きる張り合いをもてば、我慢もできるようになると信じています。」


ニコール・ジョンソンさん コメント

受賞されたお二人の経験談をうかがって、同じ糖尿病患者として大変感銘を受けました。お二人が強い気持ちで、決して諦めることなく生きてこられたこと、そして常に前向きな姿勢で治療に取り組んでこられたことに、心より敬意を表したいと思います。私は糖尿病になって、まだ15年しか経っていませんが、お二人のように強い気持ちを持って治療に臨むことは、私自身の経験からも本当に大切なことだと実感しています。お二人にはこれからも若い糖尿病患者さんに勇気を与え、励みになる存在であってほしいと心より願っています。私もいつの日か「リリー インスリン50年賞」を受賞できるように、これからもがんばっていきたいと思います。