第6回受賞者発表

~11月14日は「世界糖尿病デー」~
インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者さんを表彰

日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ)は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんに敬意を払い表彰する第6回「リリー インスリン50年賞」の表彰式を「世界糖尿病デー」である11月14日(金)に浜松町東京會舘にて開催しました。今年は過去最多の9名が受賞されました。

「リリー インスリン50年賞」は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんの長年のご努力を称えるとともに、他の糖尿病患者さんにとって治療に前向きに取り組んでいただけるような目標となり、勇気と希望を与えることを願い、1974年に米国で設立されました。これまでに米国を中心に約1500名の患者さんが受賞され、日本でも2003年の表彰開始以来、昨年までに13名の患者さんが受賞されています。

第6回の表彰式では、受賞者の中から代表者2名が50年以上にわたる糖尿病との付き合い方や、糖尿病患者さんへの励ましのメッセージを力強く話してくださいました。また、受賞者の皆様には、ご本人のお名前を刻印した特製メダル(純銀製)と、世界糖尿病デーのシンボルカラーに染められた「青いバラ」が贈られました。

※2名の受賞者については、ご本人の希望により、情報を公開していません。

第6回「リリーインスリン50年賞」受賞者プロフィール

中村 和之様
1924年生まれ 東京都在住 インスリン治療歴50年

千葉医科大学(現・千葉大学医学部)卒業後の多忙を極めた助手時代、34歳で2型糖尿病を発症し、インスリン治療を開始。自身の血糖コントロールを行いながら、内科医として、糖尿病教室の担当、患者会の立ち上げ・支援など、糖尿病治療と支援に尽力する。


杉本 清子様
1930年生まれ 神奈川県在住 インスリン治療歴50年

両親が相次いで他界し、酪農をしながら臨時工として勤め、妹弟4人を女手一つで育てあげる。1930年、27歳で糖尿病を発症し、インスリン治療を開始。家族の世話、仕事で忙しい中、本を読み講演会に参加して積極的に糖尿病について学ぶ。現在も畑仕事に勤しむ。


河副 明子様
1938年生まれ 神奈川県在住 インスリン治療歴50年

6歳で父を、12歳で母を亡くし、姉妹4人叔母に育てられる。高校3年生の夏、医師である叔母に糖尿病と診断される。高校卒業後、東京で就職後に血糖コントロールが悪化し、1958年、入院してインスリン治療を開始。子育て後は、婚礼衣装のサロンに勤務。


小一原 昇様
1945年生まれ 東京都在住 インスリン治療歴52年

1956年、小学校5年生のとき、糖尿病と診断されインスリン治療を開始。大学卒業後は、いくつかの仕事を経て出張の多い営業職に就く。インスリン治療をしながらも営業の成績は全国でもトップクラス。現在は趣味の読書を楽しんでいる。


高山 春恵様
1947年生まれ 神奈川県在住 インスリン治療歴51年

小学5年生で1型糖尿病を発症し、インスリン治療を開始。22歳で結婚。流産と死産を経験した後、無事に男児を出産。1984年、40歳未満の糖尿病女性のための患者会「インスリンレディの会」を結成。2004年に「ガリクソン賞」を受賞。


ニルス・オルソン様
1948年生まれ 福岡県在住 インスリン治療歴53年

1955年、小学一年生で1型糖尿病を発症し、インスリン治療を開始。ジャーナリストを目指して進学するが、26歳で宣教師を志して聖学校に入学。1978年に宣教師に任命されて来日し、福岡県宗像市で礼拝を始める。地域の人々との交流を深め、現在、さまざまな活動に携わっている。


小川 京子様
1955年生まれ 千葉県在住 インスリン治療歴50年

2歳の誕生日を迎えてまもなく、1型糖尿病を発症し、インスリン治療を開始。当時、大学病院でも過去に例をみない珍しいケースだった。短大で栄養学を学び栄養士の資格を取得し、病院の窓口業務に携わる。

※他2名の受賞者については、ご本人の希望により情報を公開しておりません。