第7回受賞者発表

~11月14日は「世界糖尿病デー」~
インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者さんを表彰

日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ)は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんに敬意を払い表彰する第7回「リリー インスリン50年賞」の表彰式を11月11日(水)にホテルニューオータニにて開催しました。

「リリー インスリン50年賞」は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんの長年のご努力を称えるとともに、他の糖尿病患者さんにとって治療に前向きに取り組んでいただけるような目標となり、勇気と希望を与えることを願い、1974年に米国で設立されました。これまでに米国を中心に約1500名の患者さんが受賞され、日本でも2003年の表彰開始以来、昨年までに22名の患者さんが受賞されています。

第7回となる本年は6名が受賞され、表彰式では受賞者4名※が50年以上にわたる糖尿病との付き合い方や、糖尿病患者さんへの励ましのメッセージを力強く話されました。また、受賞者の皆様には、ご本人のお名前を刻印した特製メダル(純銀製)と、世界糖尿病デーのシンボルカラーに染められた「青いバラ」が贈られました。

※表彰式にご出席の受賞者のうちおひとりについては、ご本人の希望により情報を公開していません。

第7回「リリーインスリン50年賞」受賞者プロフィール

大谷 敏代様
1953年生まれ 埼玉県在住 インスリン治療歴50年

幼稚園入園後、1型糖尿病を発症。転機は小学5年生で参加した、糖尿病患児向け教育のサマーキャンプ。卒業後は当時女性としては珍しく一級建築士の資格を取得。独立して設計事務所を作る。その一方で、1型糖尿病の仲間や医師と一緒に、「東京女子医科大ヤングの会」を設立。1型糖尿病患者の情報交換の場づくりにも貢献してきた。


勝田 靖子様
1930年生まれ 大阪府在住 インスリン治療歴52年

夫の付き添いで行った病院で2型糖尿病と診断される。経口薬での治療を経て、インスリン治療を開始。その後も3人目の子供を無事に出産し、家事・育児・夫の会社の事務など多忙な毎日を過ごしてきた。50代以降は、紅型染や生け花などの趣味に打ち込み、クルーズでの海外旅行を楽しんできた。


鶴岡 順様
1944年生まれ 東京都在住 インスリン治療歴50年

15歳で1型糖尿病を発症。大好きな野球だけは続け、大学では生化学を専攻。食品衛生監視員として保健所で定年まで勤務した後、現在はホテルの食品衛生管理の仕事に従事する。子供二人、孫二人に恵まれ、現在は趣味のランの栽培も楽しむ。


畑 スエ子様
1941年生まれ 神奈川県在住 インスリン治療歴50年

14歳で1型糖尿病を発症。治療代金の捻出が難しく、医師にかかれずに倒れることもしばしばだった。26歳で結婚し、ドライブインで勤務。5年前にご主人が他界されてからは、ご近所や訪問ヘルパーのサポートを受けながら一人で暮らしている。(表彰式には事情により、ご欠席)


※他3名の受賞者については、ご本人の希望により情報を公開しておりません。