第9回受賞者発表

~11月14日は「世界糖尿病デー」~
インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者さんを表彰

日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ)は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんに敬意を払い表彰する第9回「リリー インスリン50年賞」の表彰式を11月8日(火)に開催しました。

第9回となる本年は男性2名、女性5名の合計7名の方が受賞され、表彰式では50年以上にわたる糖尿病との付き合い方を振り返りながら、家族や主治医などへの感謝や他の糖尿病患者さんへの励ましのメッセージを力強く話されました。受賞者の皆様には、ご本人のお名前を刻印した特製メダル(純銀製)と、世界糖尿病デーのシンボルカラーに染められた「青いバラ」が贈られました。

「リリー インスリン50年賞」は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんの長年のご努力を称えるとともに、他の糖尿病患者さんが治療に前向きに取り組んでいただけるような目標となり、勇気と希望を与えることを願い、1974年に米国で設立されました。これまでに米国を中心に約1500名以上の患者さんが受賞しており、日本でも2003年の表彰開始以来、本年度で40名の患者さんが受賞されています。

※3名の受賞者については、ご本人の希望により情報を公開しておりません。

第9回「リリーインスリン50年賞」受賞者プロフィール

荒井 弘様
1946年生まれ 富山県在住 インスリン治療歴50年


14歳で糖尿病を発症しました。病を抱えての生活には大変なこともあり、何度も重篤な状態を乗り越えてきましたが、そのたびにたくさんの素晴らしいめぐりあいがありました。現在週3回人工透析を受けながら、妻と二人で魚の移動販売の仕事を続けています。朝4時に起きて活気あふれる市場を歩き、新鮮な魚を仕入れて、なじみのお客さんと会話するのは最高の気分です。「合併症が進めば応援してくれた方に申し訳ない」との気持ちで、20年前から定期的に血糖の自己測定を始め、以来、良好な血糖コントロールを続けています。

清水 みち子様
1935年生まれ 東京都在住 インスリン治療歴57年


19歳で糖尿病と診断を受け、インスリン治療が始まりました。当時はツベルクリン注射器を使っていたため、痛みも強く、つらい治療でした。経済的な自立を目指して、理容師学校へ進学し、いまの主人と出合いました。卒業後に結婚し、理髪店をオープンしました。また、主治医の後押しもあり、40歳で長女を出産。帝王切開で無事に生まれた娘は、今は結婚して独立しています。現在の楽しみは常連のお客様や友人とカラオケや麻雀をすることです。主人がいつもそばにいてくれるので、何かあっても安心という気持ちでいられます。

鋤柄 恵一様
1953年生まれ 千葉県在住 インスリン治療歴50年


小学3年生の時に糖尿病と診断されインスリン治療を開始しました。当時は母が1日1回注射を打ってくれました。主治医の先生が主催するサマーキャンプに参加したことをきっかけに、病気について自ら学び、自己注射もできるようになりました。また、生涯、交流を続けられる仲間と出会ったことも大きな財産です。大学卒業後は東京都の中学校で理科の教師として教鞭をとっていました。今は退職し、畑で野菜を育てたり、囲碁や読書を楽しむ日々を送っています。インスリン治療は自分にとっては目の悪い人がメガネをかけるようなものだと思っています。

湯本 節子様
1919年生まれ 東京都在住 インスリン治療歴57年


(次女の河西邦子さまにご紹介いただきました)母が糖尿病と診断されたのは35歳のころで、当時子供だった私は母の入院が嫌で、お見舞いに行ってはベッドにもぐりこんだことを覚えています。当時はインスリンを注射している以外は普通に家事や育児をこなしており、母の具合が悪いとは感じたことがありませんでした。母が目を悪くしてからは、家族でケアをしてきました。月二度の通院の帰りには「この日だけは特別」と二人でケーキを食べて帰るのを楽しみにしていました。母は治療を大変だと思わず自然体で受け入れてきたように思います。病気にもめげず穏やかな日々をおくる母の生き方は立派だと思います。

※他3名の受賞者については、ご本人の希望により情報を公開しておりません。