第10回受賞者発表

~11月14日は「世界糖尿病デー」~
インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者さんを表彰して10周年

日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:アルフォンゾ・G・ズルエッタ)は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんに敬意を払い表彰する 第10回「リリー インスリン50年賞」の表彰式を11月7日(水)に開催しました。

第10回となる本年は、男性4名、女性7名の合計11 名の方が受賞され、表彰式では50年以上にわたる糖尿病との付き合い方を振り返りながら、家族や主治医などへの感謝や他の糖尿病患者さんへの励ましのメッセージを力強く話されました。受賞者の皆様には、ご本人のお名前を刻印した特製メダル(純銀製)と、世界糖尿病デーのシンボルカラーに染められた「青いバラ」が贈られました。

記念となる第10回を迎えた本賞について、日本イーライリリー株式会社 執行役員 糖尿病・成長ホルモン事業本部 事業本部長 綱場 一成は表彰式で、イーライリリーが世界で初めてインスリンを製品化した企業であり、2013年にインスリンの発売から90年を迎えることを紹介するとともに、「イーライリリーは、“Personal solu-tions for everyday life.”というスローガンを掲げて、幅広い治療薬を開発し、ひとりひとりの患者さんそれぞれに最適な治療薬やサポートを提供する糖尿病治療のベストパートナーを目指してまいります。このリリー インスリン50年賞は、みなさまの治療の成功をお祝いすると同時に、みなさまの治療の成功が多くの糖尿病患者さんの励みになると確信しております」と述べました。

「リリー インスリン50年賞」は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんの長年のご努力を称えるとともに、他の糖尿病患者さんが治療に前向きに取り組んでいただけるような目標となり、勇気と希望を与えることを願い、1974年に米国で設立されました。これまでに米国を中心に1500名以上の患者さんが受賞しており、日本でも2003年の表彰開始以来、第10回を迎えた本年度で51 名の患者さんが受賞されています。

※5名の受賞者については、ご本人の希望により情報を公開しておりません。

第10回「リリーインスリン50年賞」受賞者プロフィール

*50音順

青木 茂之様
1937年生まれ/宮城県在住、インスリン治療歴50年


糖尿病と診断されたのは東京のNHK研究所に勤務していた時代、アメリカ留学が決まった頃でした。当時の主治医の先生からいただいた本の中の「近眼の人はメガネをかければ普通の人と同じような活動ができる。糖尿病の場合、メガネの代わりをするのはインスリンだ」という言葉に勇気づけられ、留学を断念することなく、食事面などで不慣れな海外生活も乗り切ることができました。帰国後は家業のホテル経営を継ぎ、黄綬褒章などをいただけたことをうれしく思っています。インスリンや主治医、家族や友人たちとの出会いに恵まれ、幸運だと感じています。

冠 利江様
1950年生まれ/埼玉県在住、インスリン治療歴51年


糖尿病と診断されたのは、小学校4年生の時。母が栄養を管理しお弁当を毎日作ってくれたこともあり、学生時代に糖尿病だから大変と感じることはあまりありませんでした。卒業後は、糖尿病治療の過程で出会い、憧れていた栄養士の仕事に就き、夢が叶いました。インスリン治療と仕事を両立し、学校給食の栄養士として長年勤務したことから、ガリクソン賞や東京都の教育委員会からも表彰をいただくことができました。職場や家庭で、いろいろな人に守られながら栄養士の職を全うできたことを感謝しています。

古賀 幹人様
1928年生まれ/熊本県在住、インスリン治療歴51年


精神病院の院長として奮闘していた33歳の時に糖尿病と診断されてから51年間、インスリン治療を続けながら医師として患者さんの治療にあたってきました。今も現役で、熊本市内にある精神科・神経科の診療科を持つ明生病院の名誉院長を務めています。余暇には俳句を楽しみ、妻と信頼を寄せる主治医に支えられながら、血糖コントロールを続けています。糖尿病と診断された当初はインスリン治療を負担に感じたこともありましたが、現在は長生きの秘訣を聞かれると、「インスリンに出会ったから今まで生きていると思うんです」と答えています。

小松 るみ子様
1950年生まれ/鹿児島県在住、インスリン治療歴52年


小学校5年生の時に糖尿病と診断され、インスリン治療が始まりました。これまで主人をはじめ、営んでいる居酒屋屋台のお客さんなど、たくさんの人に支えられて糖尿病と向き合ってきました。糖尿病患者であっても、コントロールさえしていれば普通の人と変わらないと考えています。7か月前には孫が誕生し、今は日々の成長が楽しみで仕方がありません。これからもっと長生きして、たくさんの方にお世話になった分、いろんな人にお返ししたいと考えています。

長谷川 まゆみ様
1948年生まれ/東京都在住、インスリン治療歴50年


中学2年生で糖尿病と診断され、当時は母がインスリン注射を打ってくれました。子どもが大好きだったので、短大を卒業後、保母の仕事を選びました。自分で子どもを持つことには、糖尿病を患っていることで不安がありましたが、主人と主治医の励ましを受け、無事に娘を出産しました。娘も現在は独立し、健康で過ごしてくれていることが何よりの喜びです。何事も前向きに考えていれば、必ず長生きできると考え、愛猫のクロとの会話や日課の散歩を楽しむ生活を送っています。

藤井 勇様
1931年生まれ/茨城県在住、インスリン治療歴51年


インスリン治療を開始したのは、30歳の頃。19歳から貨物船に乗り、東南アジアから国内に荷物を運ぶ仕事に就いていたため、船医から処方を受け、赴く港町の病院でインスリン治療を続けました。その後結婚を機に、地元の役場に就職。亡くなった妻は、食事療法にとても気を遣ってくれました。現在同居している娘は、糖尿病の認定看護師でもあり、一番身近で支えてくれる頼もしい存在です。自分でも散歩をしたり、血糖管理に努めながら、カラオケや猫の世話など、毎日を楽しんでいます。

※他5名の受賞者については、ご本人の希望により情報を公開しておりません。