糖尿病とは

糖尿病はコントロールできる病気

コントロール可能な病気です

予備群を合わせると約2,050万人(国民総人口の16%)と言われている糖尿病。
一度発症したら完治はしないものの、血糖値を正常レベルに保つことでコントロールが可能です。そのためには食事療法、運動療法が必要で、薬を使用することもあります。

糖尿病の主治医は、あなた自身です。
いつ何を食べるか、運動するか、糖尿病薬を実際にどのように飲むか、注射するか、あなた自身の行動によって、血糖値を正常に保つことができるのです。

また、糖尿病の病態は時の経過とともに変化します。よって、医師に相談の上、使用する薬や治療計画をたてて管理していく必要があります。

将来合併症が起こるリスクを少しでも減らすために、糖尿病の正しい知識を身につけ、体調を良い方向に持っていきましょう。

糖尿病ってどんな病気?(2型糖尿病患者さん向け)

将来合併症が起こるリスクを少しでも減らすために、糖尿病の正しい知識を身につけ、体調を良い方向に持っていきましょう。

監修:
永寿総合病院 糖尿病臨床研究センター センター長 渥美義仁 先生

  • 糖尿病ってどんな病気?
  • 主な合併症
  • 糖尿病の検査
  • 糖尿病の治療
  • 糖尿病との上手なつきあい方

フレイルを予防する

高齢者の糖尿病治療では、要介護にならずに自立した生活を送ることも重要です。

監修:
東京都健康長寿医療センター
糖尿病・代謝・内分泌内科 内科総括部長 荒木 厚先生

  • 「フレイル」は要介護と健康の間の状態
  • フレイルはサルコペニア(筋肉減少症)と低栄養などで起こる
  • 糖尿病患者さんにはサルコペニアやフレイルが多い
  • レジスタンス運動を行い、食事に気を付け、フレイルを防ぐ
  • フレイルを防ぐための生活上の注意点