デバイスと使い方


ミリオペン®の特徴

ご使用にあたっては取扱説明書をご参照ください。
写真はキット製剤のインスリン グラルギンBS注ミリオペン®「リリー」です。

デバイスの使い方-ミリオペン

デバイスの使い方-サビオ/ラグジュラ-

イーライリリーの「品質への取り組み」

「前向き!」プログラム


「前向き!」プログラムとは?

監修 奈良県立医科大学 糖尿病学講座 教授 石井 均先生

患者さんのインスリン治療に対する不安や怖さ、医療費負担の心配、疾患の重大性に対する理解不足などにより、患者さんが前向きな気持ちでインスリン治療をスタートすることは難しいものとなっています。

しかし、医師が適切なコミュニケーションをとり患者さんの不安や心配を解消することで、抵抗なくインスリン導入に進むことのできる患者さんも少なくありません。「前向き!」は、そのような効果的なコミュニケーションをサポートし、患者さんに前向きな気持ちでインスリン治療を開始していただくことを目的に開発されました。
その一方で、インスリン治療を始めたとしても、処方された注射回数が守れなかったり、決められた注射の手順を飛ばしてしまうなどのことから、良好な血糖コントロールが得られなくなる患者さんもいらっしゃいます。

インスリン治療に対する患者さんのモチベーションを高め、無理なく日常生活にインスリン治療をとり入れていただくことを目的に、「前向き!」の新たなプログラムを開発いたしました。
これは、インスリン導入直後に患者さんに振り返りを行っていただくことで、インスリン治療の効果を実感してもらい、また日常生活上の疑問や不安を医療関係者と共に解決することで、治療継続をサポートするためのプログラムです。
患者さんへの働きかけの一助として、「前向き!」をご活用いただければ幸いです。

【参考書籍】

石井均:糖尿病医療学入門-こころと行動のガイドブック, 医学書院,2011
石井均:石井先生に聞いてみよう患者の気持ち 糖尿病診療よろづ相談,メジカルビュー,2010

「前向き!」にインスリン治療を開始していただくために

監修 奈良県立医科大学 糖尿病学講座 教授 石井 均先生

インスリン導入に抵抗のある患者さんとのコミュニケーションをサポートするプログラムです。各種ツールをご活用いただくことで、一人ひとりの患者さんがインスリン治療に抱く不安感を軽減し、インスリン治療への安心感や意欲を高められるように働きかけることができます。

STEP2で確認した患者さんの不安に応じて、「読めば前向き!ストーリーブック」を使って患者さんの不安を解消するための働きかけを行います。

あなたもナットク!
インスリン治療

あなたにもできるかも!
インスリン治療

毎日をもっと楽しく!
インスリン治療

あなたの不安を軽減したい!
インスリン治療

考えてみよう!
インスリン治療


<ご注意>
「読めば前向き!ストーリーブック」は、医療関係者からインスリン導入を検討されている患者さんへお渡しいただくためのツールです。

※詳しくは、解説書『前向き!~患者さんの「前向きなインスリン治療開始と治療継続」のために~』をご参照ください。

「For one」の糖尿病治療を実現するコミュニケーション
-インスリン療法の医療学- 前編

奈良県立医科大学 糖尿病学講座 教授 石井 均先生

インスリン導入の適切なタイミングと、インスリン治療に対する患者さんの心理を解説します。



「For one」の糖尿病治療を実現するコミュニケーション
-インスリン療法の医療学- 後編

奈良県立医科大学 糖尿病学講座 教授 石井 均先生

スムーズなインスリン導入をサポートする、前向き!プログラムについて解説します。

こころのステージと「前向き!」ツール

患者さんがインスリン治療を開始し、継続していくまでのこころの変化は、図のようなステージ型のモデルで示されます。
「前向き!」では、対象となる患者さんのこころのステージに応じて、患者さんとのコミュニケーションやサポートに使えるツールをご用意しています。

こころのステージと「前向き!」ツール

石井均:糖尿病医療学入門-こころと行動のガイドブック, 医学書院,2011より改変

【こころのステージ】別 アプローチ法

「前向き!」の効果をより高めるためには、患者さんの「こころのステージ」に応じた働きかけをすることが重要です。
ここでは、ステージ別に、患者さんのこころの状態と、アプローチのポイントをご紹介します。

【こころのステージ】別アプローチ法

患者さんがインスリン治療に抱く不安を確認します。

患者さんがインスリン治療の何に不安を感じているかを確認します。

「前向き!」にインスリン治療を開始していただくために

監修 奈良県立医科大学 糖尿病学講座 教授 石井 均先生

インスリン導入に抵抗のある患者さんとのコミュニケーションをサポートするプログラムです。各種ツールをご活用いただくことで、一人ひとりの患者さんがインスリン治療に抱く不安感を軽減し、インスリン治療への安心感や意欲を高められるように働きかけることができます。

患者さんに、自宅で注射を始めてから最初の7日間の記録をつけていただきます。

<POINT>
「応援します!あなたのインスリン治療生活フォルダ」に、「インスリン治療生活7日間ダイアリー」と他のツールをまとめてお渡しいただくことができます。

※詳しくは、解説書『前向き!~患者さんの「前向きなインスリン治療開始と治療継続」のために~』をご参照ください。

こころのステージと「前向き!」ツール

こころのステージと「前向き!」ツール

【こころのステージ】別 アプローチ法

「前向き!」の効果をより高めるためには、患者さんの「こころのステージ」に応じた働きかけをすることが重要です。ここでは、ステージ別に、患者さんのこころの状態と、アプローチのポイントをご紹介します。

【こころのステージ】別 アプローチ法