海老名総合病院糖尿病センター長 大森安惠先生 & 東京女子医科大学糖尿病センター長 内潟安子先生

対談 第1回 2016年3月2日(水)
「糖尿病とインスリン治療の半世紀を顧みる」

インスリンで糖尿病治療が激変
糖尿病でもコントロール良好なら妊娠できる
ちゃんと治療を続けた人がすばらしい
動物インスリン製剤とその改良
遺伝子工学によるヒトインスリン製剤
超速効型インスリンアナログ製剤の登場
ペン型注入器の革命
SMBG、HbA1cやGAの測定でコントロールが改善
チーム医療の先駆けに
患者と医師が二人三脚で