初めの一歩も、その先も。
初めの一歩も、その先も。
初めの一歩も、その先も。


DI情報はこちらから

臨床使用経験とエビデンス

ヒューマログ®注は世界最初のインスリンアナログ製剤として、世界の糖尿病患者さんとともに経験とエビデンスを積み上げています
ヒューマログ®注はヒトインスリンB鎖28位のプロリン(PRO)とB鎖29位のリジン(LYS)を置換した世界初のインスリンアナログ製剤です。

ヒューマログ®注の血漿中濃度

 ヒューマログ®注の血漿中濃度

デバイスの使い方

ヒューマログにはディスポーザブル型、カートリッジ型、バイアル型と3通りの製剤があります。


ディスポーザブル製剤

あらかじめインスリン製剤が注入器にセットされている使い捨てタイプのデバイスです。カートリッジなどを交換する手間がなく、簡単な操作で使用できるため、利便性が高いのが特徴です。注射針は、JIST3226-2に準拠したA型専用注射針を使用します。

カートリッジ製剤

ペン型注入器に、インスリンの入った専用カートリッジをセットして使用するタイプです。カートリッジには種類があり、専用の注入器を使用しないと、過量投与などの事故につながる可能性があります。カートリッジのインスリンが空になったら、その都度カートリッジを交換します。注入器の注射針は、JIST3226-2に準拠したA型専用注射針を使用します。

バイアル製剤

バイアル製剤はインスリン専用シリンジ(注射器)で吸引して使います。主に医療機関で使用され、多くは皮下注射です。

こんな場合には0.5単位刻みのミリオペン®HDをご検討ください

患者さんサポート