インスリン導入ナビ

1回注射:持効型製剤1回注射(BOT

*Basal supported oral therapy

基礎分泌を補充し、1日1回のため導入しやすいレジメンです。

特 徴

  • POINT 1持効型製剤を1日1回注射
  • POINT 2注射回数が少なく、導入が容易
  • POINT 3基礎分泌の補充により血糖値が安定しやすくなる
  • POINT 4低血糖を起こしにくい
  • POINT 5食後高血糖の改善は不十分

適した患者タイプ

  • ・罹病期間が比較的短く、経口血糖降下薬だけでは血糖値のベースラインが高い。
  • ・インスリン注射に対する抵抗感が大きく、頻回注射が困難。

モデルケース

47歳、男性、会社員

体重:75kg、BMI:26.1、家族歴:母親が高血圧、脳梗塞の既往有り
HbA1c 8.5%、GA 25.0%、空腹時血糖 150mg/dL、Ⅰ度高血圧(152/90mmHg)
38歳のとき2型糖尿病と診断。40歳まで食事療法、運動療法のみ、その後、SU薬、ビグアナイド薬を使用。43歳頃からHbA1cが8.0%を超えDPP-4阻害薬を使用し、一度は改善傾向であったが、再び上昇傾向。仕事が多忙で食事も不規則になりがちで、日中の注射は難しいと訴えている。

投与量の設定

初回投与量

4~8単位から開始、3~4単位なら低血糖の心配は少ない
(注射時刻は朝食前又は就寝前のいずれでもよいが、毎日一定とする)

投与量の調整:外来受診時の空腹時血糖値とHbA1cを目安に調節(血糖測定はインスリン開始1~2か月後から開始)

食前空腹時血糖値 用量調節
≧130mg/dL 2単位ずつ増量。HbA1cが7%台になるまで増量していく
<130mg/dL、HbA1c7.0%未満 投与量は変更しない
<130mg/dL、HbA1c7.0%以上 インスリンレジメンの変更を検討

経口血糖降下薬

  • ・SU薬は現在の使用量の半量~最小用量を継続する。
  • ・BG薬、DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬を使用していた場合は、そのまま継続する。
  • ・チアゾリジン薬は、塩分制限をしながら継続してもよい。
  • ・食後高血糖がある場合、α-GI薬、グリニド薬を追加投与してもよい。
  • ・DPP-4阻害薬の追加投与は有効であるが、SU薬を十分に減量した上で投与する。

SU薬、BG薬、DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬、チアゾリジン薬、α-GI薬、グリニド薬はインスリン製剤との併用について「併用注意」等となっています。詳しくは各製品の製品添付文書を参照ください。