インスリン変更ナビ

混合製剤2回注射による導入からのステップアップ

ステップアップのタイミング

  • ・ミックス25の2回で6ヵ月以上経過したが、HbA1cの目標値を未達成。
  • ・昼食前、眠前、夜間の低血糖が出現し、これ以上のミックス25の増量が困難。
  • ・夕食前血糖値が高い。
  • ・ミックス50の2回で6ヵ月以上経過したが、HbA1cの目標値を未達成。
  • ・昼食前、眠前、夜間の低血糖が出現し、これ以上のミックス50の増量が困難。
  • ・夕食前血糖値が高い。

このステップアップの特徴

  • ・混合製剤2回注射は少ない注射回数で、食後、空腹時の両方の血糖をコントロールできる導入レジメンである。
  • ・血糖コントロールが不十分になった場合に、昼食時に超速効型(またはミックス50)を1回追加することで、毎食後の食後血糖を低下させて、血糖コントロールを改善できる。

留意点

  • ・昼食時の注射が必要となるため、アドヒアランス低下に注意する。はじめは土・日だけ注射することから開始してもよい。

投与量設定例

初回投与量 ミックス25・50 変更せず
超速効型・ミックス50を4単位、昼食前
投与量の調整 増量 朝食前空腹時 130mg/dL≦ 夕食前ミックス25・50を1~2単位増量
朝食後2時間
昼食前
180mg/dL≦
130mg/dL≦
朝食前ミックス25・50を1~2単位増量
昼食後2時間
夕食前
180mg/dL≦
130mg/dL≦
昼食前超速効型・ミックス50を1~2単位増量
夕食後2時間
就寝前
180mg/dL≦
130mg/dL≦
夕食前ミックス25・50を1~2単位増量
減量 朝食前空腹時 <70mg/dL 夕食前ミックス25・50を1~2単位減量
昼食前 朝食前ミックス25・50を1~2単位減量
夕食前 昼食前超速効型・ミックス50を1~2単位減量
就寝前 夕食前ミックス25・50を1~2単位減量

※朝食前ミックス25投与の場合は、それが責任インスリンとなっている可能性があるので、朝食前・昼食前のいずれのインスリンを増量・減量するか判断が必要です。