Patient-centered careの
視点から見た
インスリン治療の
選択と強化

Patient-centered careの視点から見たインスリン治療の選択と強化

糖尿病学講座 教授 石井 均 先生

2型糖尿病の治療では、1種類の治療方法で患者の生涯にわたって血糖値を良好にコントロールするのは困難です。
そのため適切なタイミングで治療方法を見直し、経口血糖降下薬の増量・追加、インスリン療法の導入・強化などを行っていく必要があります。インスリンには持効型、超速効型、混合型などさまざまなタイプがあり、病態に応じた選択や組み合わせが可能ですが、導入は遅れがちであり、導入しても治療強化が不十分であるケースが多くみられます。こうした背景の下、インスリン治療の導入・強化が遅れる背景などについて、国内外の知見とともにInsulin Insights Study(INSIGHTs)の結果を基に解説いただきました。

PDFが別タブで表示されます。

ダウンロード

このコンテンツを理解したら

その他のオススメコンテンツ

関連資材ダウンロード

  • ミリオペンの正しい使い方

    • 患者配布用

    ミリオペンの正しい使い方


    PDFが別タブで表示されます。

    ダウンロード

  • インスリン治療の注射と生活と こころチェックリスト(導入時用)

    • 医療関係者用
    • 患者配布用

    インスリン治療の注射と生活と こころチェックリスト(導入時用)


    PDFが別タブで表示されます。

    ダウンロード