市販直後調査


DI情報はこちらから


イーライリリーとインスリン開発の歴史
イーライリリーとインスリン開発の歴史


現在、血糖コントロール管理における有用な臨床指標としてHbA1cが重視されています。しかしながら、CGMやFGMといった新たな技術の登場とともに、HbA1cが同じ値であっても症例によって異なる血糖変動を示すことが明らかになってきており、それぞれが抱える病態や生活環境などに応じた糖尿病治療の重要性が高まっていてきています。


血糖変動の少ない良質な血糖コントロールを目指すためには、健康な人の生理的インスリン分泌を再現することが重要です。健康な人では、インスリン濃度は食後速やかに上昇および消失するため、糖尿病患者においてもこうした理想的なインスリン分泌が再現できるような、より作用発現および消失の早いインスリン製剤が求められます。


図1. HbA1cと血糖変動の乖離

HbA1cと血糖変動の乖離
HbA1cと血糖変動の乖離