トルリシティという選択 ―何故、いまGLP-1受容体作動薬なのか―

  • 経口剤への追加投与試験での効果(インスリングラルギンとの比較)
  • リラグルチドと比較した単独投与試験の効果