薬による治療

GLP-1受容体作動薬

GLP-1受容体作動薬

特徴

GLP-1受容体作動薬は、血糖を下げる働きのあるインクレチンの一つであるGLP-1と同じ働きをする注射薬です。血糖を下げる効果が強く、ほかの薬と併用しなければ低血糖を起こす危険性が低いことも特徴です。

薬剤の種類

GLP-1受容体作動薬には、1日1~2回注射するものと、週に1回注射するものがあります。血糖を下げる効果や副作用には2つのタイプで大きな違いはありません。

血糖を下げる仕組み

GLP-1受容体作動薬はインクレチンの一つであるGLP-1と同じ働きをします。GLP-1はDPP-4という酵素によってすぐに分解されてしまいますが、GLP-1受容体作動薬は、DPP-4に分解されにくい構造をもち、作用が長続きします。
GLP-1は食事をとったときに血糖を下げるように働き、空腹のときには働かないという特徴をもっているため、GLP-1受容体作動薬の効果も食事のあとに強く現れ、食後の高血糖を改善し、空腹のときには血糖をあまり下げないため、他の薬と併用しなければ低血糖を起こす危険性が少ないという特徴があります。

GLP受容体薬は血糖値が高いときに働く

インクレチン

インクレチンは食事をとると小腸から分泌されるホルモンです。すい臓のベータ細胞を刺激してインスリン分泌を促したり、アルファ細胞に働いて血糖を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を少なくする働きがあります。これによって食事による血糖の上昇が抑えられます。


インクレチンにはGLP-1、GIPがあります。いずれもDPP-4という分解酵素により短時間で分解されます。

血糖値があがる すい臓へ インスリン出して 血糖値下がる

注射の仕方

GLP-1受容体作動薬は、それぞれの薬剤に専用のペンを使って患者さん自身が投与します。
ペンのなかには、あらかじめ薬液がセットされています。ペンの使い方は薬剤によって違うので、医療機関で指導を受けましょう。
また、投与回数も薬によって異なり、1日1回、1日2回、週1回の3タイプがあります。
※専用のシリンジに薬液をセットしてから使うタイプの薬剤もあります。

注射の仕方

注意が必要なこと

【消化器の症状】
使い始めに下痢、便秘、吐き気・嘔吐、膵炎などの消化器症状がみられることがあります。多くの場合、しばらくするとおさまりますが、症状が強い場合は主治医に相談してください。
【低血糖】
他の薬と併用しなければ低血糖は起こしにくい薬ですが、スルホニル尿素(SU)薬またはインスリン製剤と併用すると、低血糖を起こすことがあります。

参考資料

  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病治療ガイド2016-2017, 文光堂, 2016
  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第6版, 診断と治療社, 2014
  • 弘世貴久編. もう手放せない! GLP-1受容体作動薬,フジメディカル出版,2013