薬による治療

ビグアナイド薬

ビグアナイド薬

特徴

血糖コントロールを改善し、体重を増やしにくい飲み薬です。肥満の人によく使われますが、肥満のない人でも効果があります。ほかの薬と併用しなければ、低血糖を起こす危険性が低いことも特徴です。歴史の⻑い薬ですが、現在でも2型糖尿病の患者さんに最初に使われる薬の一つです。

薬剤の種類

<成分名> <主な薬剤>
メトホルミン塩酸塩 グリコラン、メトグルコ
ブホルミン塩酸塩 ジベトス、ジベトン S

血糖を下げる仕組み

肝臓では、乳酸から糖が作られています。これを糖新生と言います。
ビグアナイド薬は糖新生を抑えることで血糖を下げます。
他にも消化管からの糖の吸収を抑えたり、筋肉などでのインスリンの働きを強めること によっても血糖を下げます。

注意が必要なこと

【乳酸アシドーシス】
血液中の乳酸が増えすぎた状態で、吐き気、腹痛、脱水、低血圧などが起こり意識を失うこともあります。これを避けるために、肝臓、腎臓、心臓、肺などに障害のある人、脱水のある人、大量の飲酒をしている人などには、この薬は使わないことになっています。75歳以上の方が、この薬を新たに飲み始めることも勧められていません。ヨード造影剤を用いた検査では、乳酸アシドーシスを避けるために、緊急の場合を除いて、検査前から造影剤投与後48時間まではこの薬は飲まないようにします。

参考資料

  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病治療ガイド2016-2017, 文光堂, 2016
  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第6版, 診断と治療社, 2014