薬による治療

速効性インスリン分泌促進薬(グリニド薬)

グリニド薬

特徴

グリニド薬はすい臓からのインスリンの分泌を増やし血糖を下げる飲み薬です。すい臓のインスリンを作る働きがある程度残っている患者さんで効果があります。服用してから効果が早くあらわれるので、食後の高血糖の改善に適しています。

薬剤の種類

<成分名> <主な薬剤>
ナテグリニド スターシス、ファスティック
ミチグリニド カルシウム水和物 グルファスト、グルファストOD
レパグリニド シュアポスト

血糖を下げる仕組み

インスリンはすい臓のベータ細胞で作られています。グリニド薬は、この細胞に働いてインスリンの分泌を増やします。似た作用を示す薬としてスルホニル尿素(SU)薬がありますが、グリニド薬はスルホニル尿素(SU)薬よりも吸収が速いため効果が速く現れ、また短時間で効果がなくなります。このため食直前に服用することで、食後に一時的に血糖が高くなる食後高血糖を改善することができます。

注意が必要なこと

【低血糖】
とくに肝臓や腎臓の機能が衰えている人では注意が必要です。低血糖への対処法をよく知り、準備しておくことが大切です。食直前の服用を守り、服用から食事 までの時間が空きすぎないように注意します。

参考資料

  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病治療ガイド2016-2017, 文光堂, 2016
  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第6版, 診断と治療社, 2014