薬による治療

チアゾリジン薬

チアゾリジン薬

特徴

チアゾリジン薬はインスリンの働きをよくすることで血糖を下げる飲み薬です。ほかの 薬と併用しなければ低血糖を起こす危険性が低いことも特徴です。

薬剤の種類

<成分名> <主な薬剤>
ピオグリタゾン塩酸塩 アクトス、アクトスOD

血糖を下げる仕組み

2型糖尿病では筋肉や肝臓で、インスリンが働きにくくなっています。これをインスリン抵抗性と言います。
チアゾリジン薬は、インスリン抵抗性を改善することでインスリンの働きをよくして、 血糖を下げます。

注意が必要なこと

【浮腫・心不全】
体内に水分が貯まりすぎることによって起こります。心不全のある方は心臓の負担がふえるためこの薬は使いません。
【体重増加】
体重が増加しやすいので、食事療法をきちんと行うことが大切です。

参考資料

  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病治療ガイド2016-2017, 文光堂, 2016
  • 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病専門医研修ガイドブック 改訂第6版, 診断と治療社, 2014