重症低血糖とは


低血糖をくりかえすと「低血糖に気づく力」が鈍くなり「重症低血糖」になる可能性が高まります

※ Frier BM., Nat Rev Endocrinol.2014:10(12);711-22.

重症低血糖

重症低血糖は、「回復に他の人の助けが必要な低血糖」¹⁾です。

重症低血糖を起こすと、意識が遠くなったり、昏睡※1(こんすい)やけいれんなどの重い症状があらわれ、自分では対処できなくなるため、ご家族やまわりの人の助けが必要となります。

※1:意識を失い、刺激に対して反応しない状態

「低血糖に気づく力」とは?

「低血糖に気づく力」とは、低血糖が起きたときに、空腹感や気分不良、冷汗、ふるえ、動悸などの症状を自覚し、自分で低血糖だと認識することができる力をさします。

低血糖をくりかえしていると、血糖を上げて体を守ろうとする機能が低下してしまいます。血糖を上げるはたらきをするホルモン(インスリン拮抗ホルモン)がうまく作用しなくなり、自分で低血糖だと認識できない 無自覚性低血糖が起こりやすくなります²⁾、³⁾、⁴⁾ 。

「低血糖に気づく力」と「重症低血糖」

「低血糖に気づく力」が鈍くなると、低血糖が起こっても気づかないまま進行し、自分では対処できない「重症低血糖」におちいることがあります。

もっと知りたい!

低血糖とは?

低血糖と症状低血糖の進行とその症状


低血糖をくりかえしている方は、重症低血糖への備えについて、医師に相談してみましょう。

医療機関相談チェックシートはこちら

参考資料

1. 日本糖尿病学会 編・著. 「糖尿病診療ガイドライン2019」, 南江堂, 2019, p334

2. J Clin Invest. 2018;128(9)

3. Frier BM. Nat Rev Endocrinol. 2014; 10(12):711-722

4. 島津章. 日内会誌. , 2016; 105(4):683-689

5. 日本糖尿病学会 編・著. 糖尿病治療の手びき2017 改訂57版, 南江堂, 2017