主治医に伝えましょう

低血糖が起こったことを主治医に報告していますか?

低血糖を起こしたことがある糖尿病患者さんを対象とした調査において、低血糖を起こしたことを必ず主治医に報告していると回答した患者さんは全体の約6割にとどまっており、残りの約4割の患者さんは「話さないこともある」「ほとんど話していない」または「話をしたことはない」ことが明らかになりました(図1)1)

しかし、低血糖の発現回数や症状は、糖尿病の治療内容を検討する上でとても大切な情報です。そのため、低血糖を起こしたことがある患者さんは必ず主治医に報告してください。

(図1) 低血糖を起こしたことについての医師への報告状況1)

低血糖を起こしたことについての医師への報告状況円グラフ

(低血糖を起こしたことがある糖尿病患者さん367例)

あなたの低血糖チェックシートを使って相談しましょう

本サイトでは【あなたの低血糖チェックシート】をダウンロードすることができます。こちらのチェックシートでは、患者さんご自身が低血糖や重症低血糖について振り返り、情報を整理して記録することができます。

主治医に低血糖についてどのように話をしたらよいかわからない患者さんは、こちらのシートを使って主治医に相談しましょう。また、低血糖を起こしたことがない患者さんも、過去に当てはまる症状がなかったかを振り返り、主治医に低血糖のリスクについて相談してみましょう。

あなたの低血糖チェックシートを使って相談しましょう

参考資料

1. 寺内康夫ほか. 医学と薬学., 2015; 72(6):1059-1074より作図